個人型確定拠出年金は誰でも加入できるのか?

年齢制限や国民年金の状況がある

国民年金の加入の条件は、原則として20歳以上60歳未満となっています。任意では65歳や70歳まで入る人もいますし、高卒で厚生年金などに入ると20歳未満でも加入状態にはなります。ただ、一般の人は40年間加入する決まりになっています。個人型確定拠出年金は、以前はかなり制限がありましたが、今は制限が大きくなくなっています。そのため、誰でも加入できるといえるぐらいの制度です。ただ、年齢制限があります。国民年金との関わりが強く、年齢では基本的には20歳以上60歳までの人が加入ができます。それ以外の人は加入できません。また、国民年金の保険料を払っていない人も加入ができなかったり、拠出をしても還付されてしまいます。国民年金に加入して、保険料を払う必要があります。

マッチング拠出があると加入できない

2016年までは、個人型確定拠出年金の利用者としては、国民年金の第1号被保険者と、企業年金制度のない会社員等に限られていました。多くのサラリーマンは入れませんでしたし、公務員も入れませんでした。サラリーマンや公務員に扶養されている国民年金の第3号被保険者も使えませんでした。2017年から、サラリーマンや公務員、そして第3号被保険者も利用できるようになりました。これによって誰でも加入できる状態になりました。利用できない人として、マッチング拠出制度があるときが挙げられています。企業型確定拠出年金制度があり、企業拠出分以外に従業員の拠出を認めるのがマッチング拠出になります。この制度があると、残念ながら個人型で口座を作れません。