個人型確定拠出年金に加入するメリット

積み立て時に得られる節税効果とは?

個人型確定拠出年金とは、毎月の掛金を自分で運用しながら積み立てていき、原則60歳以降に受け取る年金制度です。毎月の掛金は全額所得控除となるため、年間の掛金×税率分だけ所得税と住民税を安くすることができます。
また通常の投資信託で得た利益に対しては20.315%の税金がかかりますが、個人型確定拠出年金で運用して得た利益に対しては税金が課せられません。本来は税金として引かれるはずの運用益も再び投資に回されますので、効率良く運用することができます。ただし、投資信託には元本割れするリスクもありますから、分散投資でリスクを軽減することが重要です。掛金の一部を元本保証のある定期預金に預けた上で、投資信託で分散投資をするのがおすすめです。

受け取る時も節税効果がある!

積み立てた資金は一時金として一括で受け取るか、年金として分割で受け取るか、一時金と年金を組み合わせて受け取るか選ぶことができます。一括で受け取る場合は退職所得控除が適用され、個人型確定拠出年金の一括受取金額と他の退職所得の合計額が退職所得控除額以下であれば、税金がかかりません。退職所得控除額は、積立年数が20年以下であれば40万円×積立年数、積立年数が20年を超えていれば800万円+70万円×(積立年数-20)です。
年金として分割で受け取る場合は、公的年金等控除の対象となります。個人型確定拠出年金の受取金額と他の公的年金等の合計額が、65歳未満では年70万円まで、65歳以上では年120万円まで非課税で受け取れます。